日々の活動日記

ミンナソラノシタ幼稚園留学NO2

大原野幼稚園・洛西花園幼稚園では福島の母子の歓迎会を開いて下さいました。震災当時のこと、福島での生活の事、メディアでは伝わっていない現地の様子、京都の私たちへのメッセージと福島の母も京都の母も沢山涙を流しました。「京都では思いっきり外遊びをさせたい」「スーパーで何も考えずに買い物したい」「深呼吸したい」「京都の皆と繋がりを持ちたい」「福島で苦しい想いをしているママ達の為にこれからも幼稚園留学を続けて欲しい」「沢山保養に行ったことがあるけれど、今まで保養に出る為に幼稚園を休ませることに後ろめたさを感じていたが、今回は気持ちよく来れた」「避難者のいじめ問題が大きく取り上げられてから自分が京都にきてばい菌扱いされたらどうしようと不安があったが、京都の方々が温かく迎えてくれて安心した」「復興復興という流れについていけず取り残されている気持ちになる」「当たり前の変わらない日々の大切さを感じた」除染の話、原発の話、話は尽きませんでした。ただ4人とも福島が大好きだった。大切な故郷。「放射能が目に見えたらいいのに・・・」毎日の生活のなかで我が子の健康を守りたくてただそれだけで、そんなママの気持ちを京都のママも感じたのではないでしょうか?「京都の皆さんも福井が近いので私たちの様に知識がなく逃げ惑うのではなく、万が一の時にどうするか考えてください。何も知識がなく線量の高い中を水くみに並んだこと、何も教えてもらえなかったこと自分に知識がなかったことが今も悔しい」そんな声も聴きました。今も尚故郷に戻れない人たちが沢山います。あの日から人生が変わった人たちが沢山います。日本に50基を超える原発があるのだから日本人皆が明日は我が身の時代に生きているのです。福島の子どもたちの小児甲状腺がんも増え続けています。放射線との因果関係ははっきりしていませんが、母が不安に思うのは当然のことの様に思います。

私たちに出来ることは小さいことかもしれませんが、この幼稚園留学が京都と福島を繋ぎ、友達になりオール京都で取り組めることが出来ればと切に願っています。ロシア政府は今も尚21日以上の保養を国費で対象児全員に行っています。(学年・クラス単位)今年も新たに保養の治療センターを建設されています。子どもたちは21日以上保養所で過ごすことで体内の放射線量が半減します。子どもたちは日本の宝です。日本の未来の発展の為にも子どもたちは守りたい。強くそう思いました。

ミンナソラノシタと包括協定を結んでくださっている株式会社キリン堂さんにも沢山ご支援いただいています!本当にありがとうございます。
食材をご提供頂きました、エルコープさん・コープ自然派さん・オーガニックニコさん本当に有難うございます。
大原野幼稚園のママと交流会!同じ母として話が尽きません・・・この後自園給食を頂き大原野神社をご案内頂きました!
園庭では、福島のお友達を囲んで鬼ごっこがスタート!互いに思いやる優しい心が育ちますように・・・
さて、こちらは洛西花園幼稚園での歓迎会
洛西花園幼稚園の保護者が主となり歓迎会を開いて下さいました!
少しでも早く母子ともにお友達になるために花園ママ達色々と準備をしてくれてありがとうございます!
大原野幼稚園さま、洛西花園幼稚園さま本当にありがとうございます!
100年先もミンナソラノシタ幸せに暮らしていますように・・・その為に今置かれた場所で出来ることを行動に移すママ達の会「ミンナソラノシタ」来年度の幼稚園留学を共に作り上げてくれる京都のママメンバーも大募集中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。