日々の活動日記

ミンナソラノシタ幼稚園留学NO13 

明日は、両園ともに一大イベントのお祭り!
ということで、本日が最後の登園でした。

お別れ会を開いてもらったり、心のこもったアルバムをいただいたりと、子どもたちはもちろん、福島ママ、ミナソラメンバーともに、先生方と園児さんのお気持ちが嬉しかったです。

「寂しいなー」「また遊びにきてね」と、涙涙のお別れのご挨拶をさせていただきました。

担任の先生が、「福島のお子さんに色々なことを教えてもらいました。勉強になりました。」とおっしゃっていました。

この幼稚園留学を京都で行う意義。京都の方々に福島を知ってもらうこと、京都の方々への防災意識を高めること、があります。

福島から隣県で数日間、このような保養を行えば、同じ労力・資金でもっとたくさんのご家族をお呼びできるかもしれません。

しかし、京都で行うからこその意義を、今日の先生の言葉で、改めて感じることができました。

この取り組みに快諾してくださり、ご協力いただきました大原野幼稚園さま、洛西花園幼稚園さま、大変有意義な園生活をありがとうございました。

幼稚園のお友だちも、たくさん遊んでくれてありがとう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。