日々の活動日記

ミンナソラノシタ幼稚園留学NO14 

この幼稚園留学のサポーターショップである、大枝にあります「千弥農園」さまで柿狩りの体験をさせていただきました。

柿を採るのを楽しみ、食べるのを楽しみ、広い畑を走り回るのを楽しみ、大満足の子どもたちでした。

ママたちも、子どもへ柿を剥いたり、お世話をしながら、秋の味覚を楽しみました。

震災前は普通に食べられていたものも、この6年食べられていないものが多くあります。その1つに柿もあります。
本日はもぎたてを思う存分いただきました。
美味しい柿でリフレッシュできたかな?

千弥農園社長さまは、地元の消防団に所属されているようで、震災当時も被災地に派遣された消防士の補填のため、団員として地域で頑張られていたようです。
当時を思い出したとともに、それぞれの3.11があるのだと、改めて感じました。

また、ミナソラに千弥農園さまとのご縁を繋いでいただきました、京都信用金庫の洛西支店支店長さまと滝ノ町支店支店長さまも足を運んでくださいました。
その際、京都信用金庫さまより、福島母子へ清水焼のコップのプレゼントをいただきました。
とてもステキなデザインのコップには、「絆」の文字が。思わずうるうるしてしまいました。

ご協力くださいました千弥農園さま、ご縁をいただきました京都信用金庫さま、ありがとうございました! この幼稚園留学のサポーターショップである、大枝にあります「千弥農園」さまで柿狩りの体験をさせていただきました。

柿を採るのを楽しみ、食べるのを楽しみ、広い畑を走り回るのを楽しみ、大満足の子どもたちでした。

ママたちも、子どもへ柿を剥いたり、お世話をしながら、秋の味覚を楽しみました。

震災前は普通に食べられていたものも、この6年食べられていないものが多くあります。その1つに柿もあります。
本日はもぎたてを思う存分いただきました。
美味しい柿でリフレッシュできたかな?

千弥農園社長さまは、地元の消防団に所属されているようで、震災当時も被災地に派遣された消防士の補填のため、団員として地域で頑張られていたようです。
当時を思い出したとともに、それぞれの3.11があるのだと、改めて感じました。

また、ミナソラに千弥農園さまとのご縁を繋いでいただきました、京都信用金庫の洛西支店支店長さまと滝ノ町支店支店長さまも足を運んでくださいました。
その際、京都信用金庫さまより、福島母子へ清水焼のコップのプレゼントをいただきました。
とてもステキなデザインのコップには、「絆」の文字が。思わずうるうるしてしまいました。

ご協力くださいました千弥農園さま、ご縁をいただきました京都信用金庫さま、ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。