3

今日は、ミナソラ制作部のメンバーと一澤信三郎帆布へ打ち合わせに行ってきました!

実行委員メンバーであれやこれやと、皆で考えながら意見が出たこと等など沢山質問してきました。

一澤佳織さんや・お母様・デザイナーの方がアドバイス下さり、色んなことがクリアになり、また一つ前に進めた気がします。

そして、今日はとても驚いたことがありました。

それは、最近の会議で今年度・一澤製品で制作してもらう鞄の形を2つ選んだのですが、100種類を超える製品数の中、同じ2型をチェルノブイリ事故の支援グッズで作られていたのです。一澤さんサイドもこの偶然に驚かれていましたが、私も何だか目には見えない大きな力で守られているように感じました。

そう思うと一澤さんは、昔からこの問題に取り組まれていたからこそ、震災後のチャリティーイベントも積極的に行われているんだと思いました。

「まさか、チェルノブイリの支援バックを作る時に日本で同じことが起きるとは夢にも思わなかった」と奥様がおっしゃっていました。

私達もできる事しか出来ませんが、沢山の方々にご協力いただきながら私たちらしく頑張って行きたいと思います。今日も感謝。

11