日々の活動日記未分類

洛西中学校の生徒さんが、福島の幼稚園へドングリを

ご縁があり、京都市立洛西中学校さまにも、幼稚園留学のことやドングリ拾いイベントのことを知っていただける機会がありました。

そして、洛西中学校の先生や生徒さんが、自分たちで拾ったドングリを福島の幼稚園へ贈って下さいました。

私たちにとって、このように京都の中学生が福島に関心を寄せてくださったことが、大変嬉しいことでした。

 

またドングリのお礼に、大槻中央幼稚園さまよりお手紙と写真が届いたそうです。

「ちゅうがっこうの おにいちゃん おねえちゃん ドングリありがとう」と、一生懸命に園児さんが書かれたお手紙や、自分たちが贈ったどんぐりが園児さんたちの笑顔につながったという写真を見て、先生方は大感激だったとのことでした。

今後も何か取り組んでいけたら、、、とおっしゃっていました。

 

話を聞かせてもらったこちらまで、ほっこりしました。

この洛西中学校さまも、竹遊会さまも、福島の幼稚園の先生方・園児さんと直に関わられたことで、

色んな輪やご縁が広がられているように感じます。

小さな団体で、活動も地道ですが、ずっと続けていくことの大切さを感じました。

 

 

福島の幼稚園の先生方、園児さんたちとお礼をお返しくださり、ありがとうございました!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。