日々の活動日記

洛西中学 道徳出前授業へ!

2月28日(水)

洛西中学の道徳の授業にお招き頂きました。

今回は中学1年生を対象。東日本大震災当時はまだ小学1年生?位の生徒さんたちに

何から話せばよいのか?悩みました・・・まず、福島の場所からスタート。福島第一原発事故

のこと、その後福島出身メンバーの自身の体験、その後ミナソラ立ち上げや幼稚園留学のとこを

話しました。持ち時間ギリギリ。

メンバーとは個々に忙しくしているので、各自の担当パワポを製作、電話とメールでのやり取り

当日早めに集合しての練習と私たちの最善を尽くしたのですが、実際やってみると

益々ブラッシュアップできる予感!

洛西中学の先生が早速生徒さんの感想をくださり、子ども達が真剣に聞いてくれたこと

関心をもってくれたことに嬉しくおもいました。ただ、伝える難しさも感じました。

もうすぐ震災から7年。現在の避難者数は7万4千人。

原発もそうですが、まだまだ解決できていない問題は山住です。

この問題は決して福島だけの問題ではなく皆で考え関心を持ち続けることが大切だと

思いました。

洛西中学では昨年どんぐりを拾って福島の幼稚園に届ける取り組みをしてくださいました。

今置かれた場所で出来ることの最善をする。

私自身も生徒さん達から力をもらいました。洛西中学の校長先生はじめ先生方、生徒の皆さん

本当にありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。