イベント日々の活動日記

講演会「未来へのバトン」総勢200名

  ミナソラ講演会「未来へのバトン  100年先の子どもたちのために  ~福島の今と保養留学~」を開催しました。

メイン講師の菅谷市長がお越しいただけなくなり、急遽内容を変更しての開催にも関わらず、たくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございました。

講師の菅谷市長が来れなくなり講演内容を急遽一から作り直すこととなった私達ですが・・・第一部は!

私の職場の今年の新卒渡部さんが南相馬出身で震災当時中学2年生。自身の経験した話と今感じていることを急遽話してくれました。ぶっつけ本番にもかかわらず仕事でも助けてもらってばかりですが今日も助けてくれました。渡部さんありがとう。

福島に住んでいるママ、福島に住まないママ、京都に住んでいるママのトークセッションでは、東日本大震災以降の子育て環境について福島ママが話してくれました。

子どもを想って、家族を想って、いろいろな選択を迫られる福島ママの辛さに涙。幼稚園留学での出会いがきっかけで、新しいチャレンジに向かっていく福島ママに感動。

子どもや孫に残してあげられるより良い社会って何だろうと考えさせられる2時間でした。

    講演会終了後は、来場者の皆さまと記念撮影。

スタッフとして関わってくださった京都信用金庫桂川支店さんより、福島の皆さんへ記念品が贈呈されました。西京区にある津山刺繍さんからは、お名前入りの可愛い刺繍が贈呈されました。ミナソラからはミナソラトートバッグを。

エル・コープさんコープ自然派さんをはじめ、たくさんの方に協力していただいて、無事に講演会を終えることができました。感謝します。

来場してくださった皆さん、協力してくだった皆さん、本当にありがとうございました。

ミナソラメンバーはすぐに撤収です!打ち上げはありません。急いで帰って家族の夕御飯を作ります!

 

ミナソラメンバー本当にお疲れ様。私は皆と出逢えて本当に幸せです。

沢山の苦楽を共にしてきているね。一人一人が自分の得意分野、出来ることの最善を尽くしてくれて力を合わせる凄さを今回も感じました。

2019年幼稚園留学は11月上旬まで続きます。今回の福島母子が楽しかったと思ってもらえるように引き続き最善を尽くします!

あー幸せな一日でした!感謝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。